007 T邸 リフォーム 村山地内

地域がら建物の面積が広く、日常の寒さや、屋根の形状上雪が1か所に集まり処理が大変だったとのこと。
生活空間の動線を改善し、より我が家を快適な空間にする為、お風呂(脱衣室)・台所・トイレのリフォームと、一部減築の依頼をして頂きました。

目次

バスルーム

リフォーム前
お風呂は従来のタイル張りで、4.5畳とゆとりをもって造られている為熱効率が悪く、『とても寒く入れない』とお客様からの声がありました。

リフォーム後
4.5畳の従来のタイル張りのお風呂から、面積を減らし、2畳ほどのユニットバスにし、断熱性、熱効率が良くなり、『すごく快適になった』と満足頂いています。

トイレ

リフォーム後
従来のタイル張りのトイレから、壁はクロス、床はフローリングに貼りかえ、小便器と大便器を備え付け、大きな窓で光を取り入れ開放感のあるトイレになりました。

キッチン

リフォーム前
閉塞感があり寒く、ゆっくり食事もできない為、2階に食事を運び団らんしていた。

リフォーム後
開放感のあるリビングにする為、対面キッチンにし、東側には大きな窓を備え付け光を取り入れることで、とても明るい空間になりました。さらに、ダイニングには掘りごたつを備え付けています。食事をするのに2階へ行かなくてもよくなり、大変喜んでいただきました。

外観

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる